ロゴ

Philosophy

神戸から日本一

1.地域におけるスポーツ文化発展の一翼を担い地域社会に貢献します。

2.地域にアメリカンフットボール・チアリーディングを通じた新しい価値を提供します。

3.地域にスポーツエンターテイメント事業としてのトップレベルのアメリカンフットボールを
提供することで人々に「感動」「興奮」を与えます。

2019 Slogan

写真

《Challenge ・Level Up ・I can do it.》という3つの意味を含むこの言葉。

本気で日本一を勝ち取るため、今までのファイニーズの常識をSTEP UPするという思いが
込められています。

Origin of the name

『ファイニーズ』とは創設時のメンバーが湖北の5つの高等学校の卒業生であったことから、
その活力を結集する意味を込め、『Five High School』と『Energies』を合わせた
造語から『FINIES』と命名されました。

ロゴ

Message from HC

写真

平素よりエレコム神戸ファイニーズに対しまして温かい御声援をいただき有難うございます。

2018年度ファイニーズはSuper9において3勝3敗の6位でレギュラーシーズンを終えました。
決勝トーナメントクォーターファイナルのIBM戦は前半終了まではリードするなど、一見すると
2年連続Japan Xボウル出身の強豪チームに対して互角の戦いを繰り広げたようにも見えますが、
実際は個人としてチームとしてトップとの大きな差を痛感させられるものでした。

来るべき2019年度シーズンはリーグのフォーマットが変わり、まず上位8チームが総当たりで
リーグ戦を行い、その上位4チームが決勝トーナメントに進出となります。
つまり、我々が「神戸から日本一」を達成するためには富士通、IBMをはじめとする
強豪ひしめくリーグで4位以上になることが必須条件となり、これまでより遥かにタフな道のりと
なるわけです。

ファンの皆様におかれましては、是非スタンドに足をお運びいただき、
我々と一緒にこのタフな「神戸から日本一」への道を戦い抜いて行きましょう。

ヘッドコーチ 米倉 輝

Team History

1975年 湖北ファイニーズ発足

1976年 リーグ加盟

1986年 関西制覇

1987年 サンスター株式会社とスポンサー契約締結

1999年 市民チームとして再始動

2001年 Xリーグ初のNPO法人化

2005年 本拠地を神戸に移転、「神戸ファイニーズ」として活動開始

2006年 株式会社SRCとスポンサー契約締結

2009年 エレコム株式会社とメインスポンサー契約締結

2014年 関西リーグ制覇

2015年 神戸大学エレコムグラウンド竣工

2018年 米倉新体制始動

我々エレコム神戸ファイニーズは単なるクラブチームとしてだけの活動に留まらず、
企業・大学・地域の三位一体となった組織で「神戸から日本一」を目指します。

これはチームの活動をしている選手・スタッフ・そしてスポンサー企業の皆様、地域の皆様、
ファンの皆様、みんなの夢でもあります。

その道がどれだけ険しくとも、その歩みは絶対に止めません。

Info

グラウンド所在地:

神戸大学エレコムグラウンド(鶴甲第一キャンパスグラウンド)

〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1丁目2-1

アクセス:

阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲駅」よりバスをご利用下さい。

神戸市バス16系統六甲ケーブル下行き乗車、「神大国際文化学部前」下車